【巻き爪.com】巻き爪の矯正と治療

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
makidume★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここでは巻き爪の矯正と治療について詳しく説明していきます。

巻き爪は爪が横方向に巻いてくる症状ですが、巻き爪を治すには爪を元々の真っ直ぐの状態に矯正してあげるのが一番オーソドックスな治療法です。巻き爪の矯正には何種類も方法があり、ワイヤーやプレートなどの器具を用いた矯正法が有名です。

ワイヤーでの矯正では、ワイヤーの中でも「超弾性ワイヤー」と呼ばれる直線の状態を保とうとする性質の強い合金を使用した治療を行います。これは爪の先端両側に2本小さな穴を空けその中にワイヤーを通すことで、ワイヤーが直線に戻ろうとする力を利用して爪の矯正を図るという治療法です。爪が伸びてきたらまた新しく取り替えれば、ワイヤーの矯正力がなくなる心配もしなくて大丈夫です。すぐに効果が期待できる治療法ではなく、2〜3ヶ月から程度によっては半年〜1年くらいかかる場合もありますが、ほぼ確実に回復が見込める治療法です。病院で施術してもらうとなると、費用は自己負担で5000円前後かかるでしょう。

他にも爪の幅を短くカットしてしまう手術もあります。爪の両端の爪母細胞を焼くなどして死滅させ、それ以上爪を生えなくさせてしまうことで、爪の幅を短くし巻くことを防ぐという方法です。術後は効果も高く痛みに対しても即効性がありますが、逆に爪が小さくなることで足の踏ん張りが弱くなってしまったりすることもあるので注意が必要です。


⇒ 自分で出来る解消法
⇒ 【巻き爪.com】TOP

sponsored link


copyright©2010  【巻き爪.com】巻き爪の予防や矯正と治療  All Rights Reserved