【巻き爪.com】動物の爪

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
makidume★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。











sponsored link





ここではヒトを含めた動物の爪というものについてお話していきましょう。

爪には大きく3つの種類があります。代表的な例で言えばヒトの爪の「扁爪」、ライオンの爪の「鉤爪」、ウマの爪の「蹄」です。いずれも爪ですが、形状に大きな差があり役割にもそれぞれ少しづつ違いがあります。

ヒトの爪は扁爪と呼ばれ、指先を保護した上で物を掴んだり立ったり歩いたり、細かい動きから大きい力を使うための役割を持つ器官として存在しています。ヒトに近い猿やチンパンジーなどの爪もこの扁爪を持っているため、非常に器用で多彩な動きを可能としています。

肉食動物の爪は鉤爪と呼ばれ、爬虫類や鳥類などの爪も同じ鉤爪と呼ばれます。他の種類の爪と違って先端が尖って、根元から先までが結構な湾曲を描いている形をしています。動物の種類によって用途に多少の差はありますが、ほとんどが獲物に突き刺して押さえ込んだり引っ掻いたり引き裂いたりするために使っています。
また爬虫類が全て鉤爪を持つことから、爪の元々の姿が鉤爪であったと考えられています。

草食動物の爪は蹄とよばれ、他の爪と比べて分厚く大きくて硬いのが特徴です。蹄は歩行に特化した爪で、蹄を持つ動物は指先の器用な動きや引っ掛ける役割を捨てて、獲物から逃げるための速い走行や自らの重い体重を支えるための役割を可能にした形状をしています。特化しただけに歩行以外の使い道を失った爪です。


⇒ 【巻き爪.com】TOP

sponsored link


copyright©2010  【巻き爪.com】巻き爪の予防や矯正と治療  All Rights Reserved